週間売り上げ
ランキング
(売上金額を基準に集計)




▼ゴッドハンドも協賛してます!




2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日

※土日・祝日はお休みです。

 

なぜ片刃構造だとキレイに切れるの?

「片刃構造」がキレイに切れる理由は大きくわけて2つあります。

【理由1】切断跡を目立たなくできる

一般的なニッパー(「両刃構造」)は、グリップを握ると両方の「切刃」が対象に切り込んでいきます。
結果、切断跡が切断対象の中央付近にできるので目立ちます。


 
一方、「片刃構造」の場合、「まな板刃」には刃がないため、グリップを握ると「切刃」のみが対象に切り込んでいきます。
その結果、切断跡が片方の端に寄り、目立たなくなります。

 




【理由2】「切刃」を薄くできる

一般的な「両刃構造」のニッパーは、2枚の「切刃」が噛み合う構造です。
刃と刃の頂点で噛み合うことは困難なので、2つの「切刃」を異なる角度にすることで噛み合いやすくしています。

 
ただし噛み合うといっても、「両刃構造」は、切刃同士が接触したタイミングで切断するのではなく、切刃同士が接触する前に対象を切り離す仕組みになっています。
これは、切刃同士が接触したタイミングで切断する構造だと、切ろうとして強くグリップを握った際に刃同士が当たってしまい、刃がすぐに痛んでしまうためです。
そこで、切刃同士が接触する前に対象を刃から離れさせ、刃の負担を軽減しています。ニッパーで切った際の「パチン」という音は、対象が刃離れしたときの音です。


 
「両刃構造」は切っている途中で刃離れさせるので、その際に衝撃が起きやすく、ゲートを残さないように刃をパーツにピッタリ沿わせて切ると、切断跡がえぐれてしまうことがあります。


 
衝撃を抑えるためには、「切刃」を薄くして切れ味を上げる方法が考えられます。
しかし「両刃構造」は両側から楔(くさび)を打ち込んで切断するようなものなので、あまり刃を薄くすると刃離れが起きにくくなり、刃がすぐにダメになってしまいます。
「両刃構造」では「切れ味」を追求することが難しく、その結果、きれいな切断面を得ることも難しくなります。

一方、「片刃構造」であれば、「切刃」が「まな板刃」に接触したところで切断するので、刃離れのための厚い楔形状にする必要はありません(薄くしすぎると折れやすくなるので、ある程度の厚みは必要ですが)。
純粋に切れ味を追求しやすいため、アルティメットニッパーでは「片刃構造」を採用しています。

 



工具・作業ツール
ニッパー ペンチ・ベンダー ピンセット 穴開け工具・ピンバイス
ドライバー カッター・ナイフ ハサミ 金属ヤスリ
ダイヤモンドヤスリ 紙ヤスリ・布ヤスリ スポンジヤスリ・特殊ヤスリ ヘラ・スパチュラ
ノコギリ カンナ タガネ・チゼル・スジ彫り用品 彫刻刀
ポンチ・リーマー ルーペ 保管・収納 電動工具
ハンマー 測定機器 クランプ・バイス 洗浄剤・クリーナー
工具セット その他
塗装・仕上げ
エアブラシ コンプレッサー マスキング
溶剤 塗料 スプレー塗料 ツールクリーナー
コート剤 下地材・サフ・プライマー 仕上げ剤 デカール・フィルム
塗装用小物 塗装・乾燥ブース関連 容器 オープナー・こじ開け
その他
造形材料
レジンキャスト・シリコーン ファンド・スカルピー・粘土 型取り用品 ジオラマ素材
金属素材 プラ素材(プラ板・プラ棒等) 接着剤 パテ
ディスプレイ用品
ショーケース アクションベース他 撮影ブース
ゴッドハンドオリジナル
模型用ニッパー アルティメットニッパー カッティングツール スピンブレード・ビットブレード
ピンバイス 神ヤス! 金属ヤスリ・布ヤスリ・当て板 ピンセット
片付け・メンテナンス クラフトグリップ エアソフトガンメンテツール ドリルビット
神ふで

ページトップへ