送料無料キャンペーン終了間近!5月31日13:00まで

  • GH-TDM-S

SOLD OUT

ニッパー調整台ミニ 専用ハンマー&練習用ニッパー付き トライアル 直販限定 [ネコポス非対応] ガタ修復

4,279(税込)

メーカー希望小売価格:¥4,505

85ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量
売り切れ


ニッパーはガタを直せば永く使える!
ゴッドハンド製ニッパーのガタを直すための専用金床!
練習用ニッパー付き!

▼セット内容

▼ハンマー(重さが350g以上)
ニッパー調整台ミニには、
TRUSCO 片手ハンマー(TKH-10)」が付属します。

このハンマーのように、重さが350g以上あるハンマーがオススメです。

▼練習用ニッパー

練習用ニッパーはジャンク品ですので切断能力などはありませんが、刃先が尖っているのでご注意ください。
ゴッドハンドのニッパーをランダムでお送りします。
状態はお選びいただけません。
▼ニッパー調整台ミニ

・素材:スチール鋼
・直径:約3cm
・重さ:約135g
・高さ:約2.5cm

ニッパーの切れ味低下はガタつきが原因?
◆最近、ニッパーの切れ味が悪くなってきた
◆なんか前と比べてガタガタする気がする
◆白化が目立つようになってきた

このような切れ味の劣化を感じる場合、実は刃先の磨耗よりも、ガタつきによる噛み合わせの悪さが原因であることが多いのです。
ニッパーは使い続けているとガタが出てきます。
ガタを放っておくと、切れ味が悪くなるだけでなく、刃ズレを起こしやすくなり、最悪の場合、刃が折れてしまうこともあります。
ガタつきは自分で直せる!
手軽にガタを調整できるように、ゴッドハンドがオリジナルで小型の金床を作りました。
それが「ニッパー調整台ミニ」です。

ニッパー調整台ミニは、締める緩める、の2つの作業で、ニッパーを調整する調整台です。

ガタつきを調整することで、ニッパーの切れ味を戻し、より長く使うことができます。
⚠軸調整で強く叩き過ぎると、ニッパーがダメになる恐れがあるので、調整する場合は自己責任でお願いします。

▼全体像と概要説明(音声が出るので注意)

ニッパーの調整の仕方
⚠調整はニッパーのバネを外しておこなってください。
ガタつきを調べる
ニッパーの両端を持ち、前後に動かし、ガタつきがないかを調べます。
※ガタつきがある場合は、軸のあたりがカクカクと動く感触があります。


▼ガタつきの調べ方(音声が出るので注意)
・ガタつきを調べる動画のニッパーは、ガタついている状態をわかりやすくするため、わざとガタつきの大きいニッパーを使用しています。
・少しでもグラつくと感じたら調整をお勧めします。
締める
⚠締めすぎた場合は緩めることもできますが、繰り返し何度も締めたり緩めたりできないので、最初に強く締めすぎないように注意してください。
❶ニッパー調整台の上へ、ニッパーをセットします。


※刃を開いた状態で調整台の上に置きます。
❷ハンマーで叩いて、締めを調整します(締め完了)

緑色の○の箇所を、円を描きながら叩きます(時計回りでも、反時計周りでも大丈夫です)。
・軸の真ん中の、赤い箇所は強く叩くと潰れるので、叩かないでください。

▼締めるときに叩く箇所(音声が出るので注意)
※繰り返し何度も緩めることはできないので、締める際に強く締めすぎないように注意してください。
締めすぎた場合、下の「緩める」作業を行ってください。
緩める
❶ニッパー調整台の上へ、ニッパーをセットします。


※刃の内側が見えている方を上にします。

❷ハンマーで叩いて緩め、調整します(緩め完了)。

●緑色の円の部分(上下)を叩いて緩めていきます。
赤×の①の部分(軸の真ん中)を叩くと壊れる可能性がありますので、絶対に叩かないでください。
赤×の②の部分(隙間部分)を叩くと潰れて、可動しにくくなりますので叩かないでください。
⚠緩め調整で上下に叩く際、同じ場所を叩き過ぎると破損の恐れがありますので、同じ場所を叩き過ぎないでください。

▼緩め方と確認の仕方(音声が出るので注意)
作業場所
ニッパー調整台ミニでの作業時は、グラつかず安定している上で作業してください。

安定していない場所での作業は、ハンマーで叩いた力が伝わりません。
安定している上で、作業を行ってください。
ハンマーで叩くと大きな音が出るので、周囲の迷惑にならないよう気を付けて作業してください。


対応・非対応 ニッパー形状
〇 対応 ニッパー形状

調整台の中心に軸(カシメ)が配置でき、かつ、軸(カシメ)が調整台の穴のサイズよりも小さいタイプ。
(対応例:アルティメットニッパー、ブレードワンニッパー)
※グリップが邪魔になってカシメを調整台の中心に置けないタイプはNGです。
× 非対応 ニッパー形状

・ベアリング鋼製
・板タイプ
・グリップが邪魔して調整台の中心に軸(カシメ)を置けないタイプ
⚠注意事項
・使用後は汚れや指紋をきれいに拭き取り、適宜、防錆油を塗布して保管してください。
・ケガをしないよう気を付けながら作業してください。
・用途以外のご使用はおやめください。
・周りの人に迷惑をかけないよう、気を付けてご使用ください。
・軸調整で強く叩き過ぎるとニッパーがダメになる恐れがあります。調整は自己責任でお願いいたします。
・調整台の多少の傷や汚れは、使用上の問題はありません。


単品でのご購入はこちら

関連商品


商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

最近チェックしたアイテム