5/1 直販サイト本店 リニューアルしました!

  • GH-CHP-130
クラフトグリップ 平口リードペンチ130mm (バネ付) (溝なし)

3,630(税込)

72ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量



平口で広い面の掴み・曲げに使える!
溝がないので傷がつきにくい!
握りやすい形状のグリップ!
「ガタツキ」を抑えるサンドイッチ構造!

力を入れる作業もバッチリ!
曲げや潰しに便利な平口先端仕様!

【特徴①】握りやすいグリップ
グリップは手のひらに沿う形で設計されています。
厚みがあるので長時間使用しても手が痛くなりにくく、絶妙なカーブにより安定して握ることができます。
【特徴②】ガタつきが出にくいサンドイッチ構造
三枚合わせのサンドイッチ(三枚合わせ)構造を採用。
切断時にねじれる力が発生しにくいため、ガタツキが出にくくなっています。
【特徴③】耐久性の高いバネを使用
使いやすく耐久性の高いリーフスプリング(板バネ)を使用しています。
適度な弾力とともに、グリップが広がりすぎるのを防止するストッパーの役目も果たしています。
【特徴④】掴んだものを傷つけにくい溝なし形状
くわえ部に溝がないので、掴んだものを傷つけにくくなっています。
傷を付けたくない金属パーツの組み立てや、アクセサリー制作(ビーズ、ワイヤー、レジン、etc・・・)や、ワイヤーアート、ワイヤークラフトなどに便利です。
【特徴⑤】曲げや潰しに便利な広いくわえ部
くわえ部が広いので、広い面で掴んだり折り曲げたりすることができます。
金属板やワイヤーを曲げたり、かしめ玉(つぶし玉)やボールチップなどを潰したり、丸カンやCカンを開閉したりする際に便利です。
リードペンチって、ラジオペンチと何が違うの?

ラジオペンチには切断用の刃が付いていますが、リードペンチには刃がありません。
ラジオペンチは「掴む」「はさむ」だけでなく「切る」ことも目的として作られており、「掴む」「はさむ」という行為にはある程度の誤差が生じるため、薄いものをつまむには、リードペンチに比べて少し不利です。
半面、リードペンチは先端の密着度が高いので、薄いものを挟むときに、しっかりとつかむことができます。
商品詳細

・全長:130mm
・重さ:約65g
・刃部硬度:HRC42以上
・製造国:日本
・材質:機械構造用炭素鋼 (株)神戸製鋼所材使用
・バネ構造:リーフスプリング
・柄皮膜:TPR
⚠注意事項
・非絶縁工具です。電源を切ってからご使用ください。
・安全のため、保護メガネを着用ください。
・対象物が飛ぶおそれがありますので、周りに人がいないこと、壊れやすいものが無いことを確認してから作業をしてください。
・刃先に直接手を触れないでください。
・能力以上の負荷をかけないでください。特に先端への負荷にご注意ください。
・錆防止のため、汚れや指紋を拭き取り、軸や刃先にを注してください。
・小さなお子様の手の届かないところにケースに入れて保管してください。


クラフトグリップシリーズはこちら

関連商品


商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

関連カテゴリー

最近チェックしたアイテム