5/1 直販サイト本店 リニューアルしました!

  • GH-GS-55
Gショット 5.5mm ホルダー付き 直販限定 ポンチ

1,540(税込)

30ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量



比類なき切れ味による美しい切断面!
桁違いの製品精度を誇るスーパーポンチ!
Φ5.5mmテッポーと専用ホルダーセット!

Gショットシリーズ製品概要
※ここでは、別売りの製品も含めて、Gショットシリーズ全体としての特徴を説明しています。
高精度だから
0.1mm刻みの作業ができる!

Gショットは、切れ味と精度が非常に優れているポンチです。
高精度だからこそ、0.1mm刻み(Φ1.0~3.0mm)でのラインナップを実現!
同じく0.1mm刻みの製品がある、スピンブレードやスピンモールドと相性が抜群です。
打ち抜いた断面もきれい!
後からの整形の手間が省ける!

切れ味が凄く良いので、打ち抜いたときの断面もきれいです。
抜いた後の整形作業の手間が省けます。
正確な円を必要とする
いろいろな作業で大活躍!

正確なサイズの真円で打ち抜けるので、いろいろな場面で活用できます。
基本的な使い方の例
ここでは、Φ3mmの穴ピッタリに、ハセガワの赤色フィニッシュシートを貼ってみます。

❶Φ3mmの穴と同径のΦ3mmのGショットを用意します。
❷Gショットでフィニッシュシートを打ち抜きます。
❸打ち抜いた物を、抜き棒で押し出します。
※固い物や厚い物などを抜いた場合、真鍮製の抜き棒で押しきれないことがあります。より丈夫な棒を別途ご用意して押し出してください。
❹抜き棒で押し出しきれなかった場合、ピンセットなどで取り出します。
❺台紙から剥がしたフィニッシュシートを穴の形に添わせながらそっと貼ります。
❻穴の円周に沿ってフィニッシュシートをしっかり押さえて完成です。
※フィニッシュシートは面に追従する極薄シートです。この例ではスピンモールドのピン穴を埋めていないため、中央部を押さえると穴が浮き出てくるので、円周のみを押さえて貼っています。
使い方のポイント
硬い台の上で、パンチマットを使って作業してください。
家庭用のテーブルや机の上だと、叩いた衝撃が逃げてしまい、刃先に力がうまく伝わりません。その場合、金属のたたき台をパンチマットの下に敷くことで改善されます。
Gショットを垂直に立てて、ホルダー尾部をハンマーで強めに叩いてください。軽い力で何度も叩くと、刃先がブレることがあります。
商品詳細(Φ5.5mm)

・テッポー1個(Φ5.5mm)
・ホルダー1個(Φ5.5mm専用)
・六角レンチ(1.5mm)
・テッポー材質:特殊刃物鋼
・ホルダー材質:ステンレス鋼
※仕様は予告なく変更になる場合があります。
⚠注意事項
・刃先でケガをしないよう注意してご使用ください。
・ハンマーで手を叩いてケガをしないよう注意してご使用ください。
・安全のため、保護メガネをご着用ください。
・小さなお子様の手の届かないところに保管してください。
・手で触ることが多いため錆びやすいので、適宜、防錆油をお塗りください。
・打ち抜いた物が汚れる場合、綿棒などでテッポーの内側の汚れを拭き取ってください。
・使っていくうちに徐々に切れ味は落ちていきます。
・エポキシパテやポリエステルパテに対して使用すると、刃の痛みが激しいのでおやめください。
・ホルダーのイモネジが緩んできた場合、適宜、付属のレンチでイモネジを締め直してください。その際、イモネジをきつく締めすぎないようにご注意ください。
・仕様上、刻印が不鮮明な場合がありますがご了承ください。


他サイズの大口径Gショット!
(専用ホルダー付き、0.5mm刻み)

Φ1.0~3.0mmは
0.1mm刻みで揃えられる!
▼1.0~3.0mm5本セット(ホルダー付き)
1.0~3.0mmの各種テッポーに対応したホルダーが付属する、基本となる5本セット(Φ1.0、1.5、2.0、2.5、3.0mm)です。

▼テッポー単体(ホルダーなし)
5本セットのホルダーに付けて使える、0.1mm刻み2本セットのテッポーです。

Gショットに最適なお勧め工具!
プラスチックハンマー(中)
打撃部がナイロン製で対象を傷つけにくく、程よい大きさと軽さで叩きやすいハンマーです。
適度に振動を吸収するハンドルにより、叩く力が強くなりすぎないのもポイントです。
>>>詳細ページはコチラ
パンチマット
塩化ビニール製のパンチ台です。
刃を痛めにくいうえ適度に硬いので、しっかりと打ち抜くことができます。
>>>詳細ページはコチラ
関連商品


商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

関連カテゴリー

最近チェックしたアイテム